キャラクター靴下の品質について

デザインが細かいキャラクター靴下のはき心地の品質を決める要素とは?

 靴下の裏面に伝う輪っか

キャラクター靴下の裏側を見てみるともしゃもしゃの糸が輪っか状に伝っています。

TwitterやGoogleで「靴下 裏側」で検索すると、「怖い」とか「キャラクターの本性」が現れたとか出てくるアレです。

靴下に絵柄を編み込むと、絵柄と絵柄の間に「輪っか」ができます。

輪っかの幅が広くなると、靴下がきつくなるので、はき心地に影響します。

柄が細くなればなるほど、靴下裏面の輪っかが増えるので、デザインが細かくなればなるほど、靴下がきつくなります。

靴下の裏面の輪っかの真ん中にはさみを入れて、輪っかを切断することによってきつさを改善することができます。

輪っかは、通常靴下の編機で自動裁断されますが、柄が細かいと、編機の性能が追いつかずに裁断できない場合があります。

下糸と呼ばれる、靴下の弾力性を作っているゴムの品質

靴下には、下糸と呼ばれる、ポリウレタンのゴムが使われています。

細いゴムの糸が靴下の伸縮性を作っています。

ゴムの弾力性によっても、靴下のはき心地が異なります。

靴下の網目の数

靴下は1個1個の網目からできています。

目が細かいほど、伸縮性が高くなります。糸が細くなるので、靴下は薄くなりますが、フィット感が増します。

キャラクター靴下のきつさの品質を確認する方法とは?

靴下のきつさは、靴下の左右の端っこをつまんで思いっきり引っ張ることによって確認することができます。

靴下工場や、日本の検査会社では、靴下を左右にひっぱって何cmまで伸びるか定規で測ってテストします。

靴下売り場でそんなことをしたら、営業妨害になってしまいます。

靴下のきつさは、輪っかの問題の他、下糸と呼ばれる靴下の伸縮性を作っているゴムの種類や、網目の数などの要因と絡み合って決まります。

私たちが台湾の靴下工場で製造するキャラクター靴下とは?

私たちは、台湾の靴下工場と日本のデザイナーやブランドと一緒にキャラクター靴下の製造と販売に取り組んでいます。

「靴下は美術品ではない履くものだ」台湾靴下工場社長の口癖です。

工場の強みは、色数が多くて目が細かいデザインを再現しつつ、履いたときも心地よい靴下を製造することができる技術力になります。

台湾製と中国製キャラクター靴下の品質の違いを比較してみた

中国製と台湾工場製の靴下を比較してみました。

同じ仕様の通常のキャラクタースニーカーソックスを分解して分析しました。靴下の部位別に分析結果を報告します。

台湾製と中国製のキャクラクター靴下の素材の品質を比べてみる

口ゴム

靴下を履く口に入っているゴムを口ゴムと呼びます。

台湾の口ゴムは中国の半分の糸の太さでゴムを編み上げています。

ライクラと呼ばれる日本から輸入したポリウレタンを使用しています。一本一本細いライクラを使うことで、伸縮性があり柔らかい仕上がりになります。

数回洗濯すると、口ゴムがよれてしまう靴下がありますが、台湾工場で製造した靴下は何度洗濯してもよれることがありません。

一本一本の糸が細くて伸縮性があり柔らかい仕上がりなので、足首にゴムの跡がついて痒くなることもありません。

左側が台湾工場で製造した靴下の口ゴムに使われている、ゴム糸です。画像で見てわかるように中国製より細い半透明の「ライクラ」が使われています。

靴下本体

中国は、コットンとポリエステル。台湾は、コットンとナイロンになります。

台湾製のコットンは、さらっとした手触りのインド綿を使用しています。等級が高いコットンを使用すると靴下が柔らかく光沢を持った仕上がりになります。

絵柄にあたる部分は、台湾国内で製造されたナイロンを使用しております。

下糸と呼ばれる、靴下の伸び縮みを作る細いゴム繊維は、細い日本製のゴム糸(ポリウレタン)を使っており、弾力性が中国と比べておおよそ20%高くなっています。

台湾製と中国製のキャクラクター靴下の靴下の網目の数を比較してみた

靴下は一個一個の網目からできています。

キャラクター靴下を製造する場合は、客先からもらったデザインを元に工場で「ドット絵」を製作するところからスタートします。

ファミコンなどのレトロゲームに使われている、ピクセルアートのことを「ドット絵」と言います。

「全てのキャラクター靴下はドット絵でできています」

靴下の横の網目は、機械の仕様によって固定されます。今回は、売り場に出ている144nと呼ばれる仕様にて、台湾製と中国製の網目の数を比較しました。

  • 中国製 横144x縦200ピクセル
  • 台湾製 横144x縦228ピクセル

横幅は、144ピクセルで固定されていますが、同じ長さなのにかかわらず、縦の目数は台湾製の方が、12%多くなっております。

同じ目数で、同じ長さの場合、目数が多い方が伸縮性が高くなります。

台湾靴下工場で製造した靴下のはき心地が優れている理由とは?

上記でご紹介しました「中国製と台湾製キャラクター靴下の違い」は、材質や仕様の違いになります。

加えて技術と考え方が異なります。

台湾工場は、創業39年の技術の蓄積があります。

「怖い」と言われる、柄が細かいキャクラクター靴下の裏側の輪っかをいかに効率よく切断するか考えた上で製造を行っています。

原材料も厳選し、靴下の製造に関しても、効率よりも品質に重点をおいています。

靴下の網目の数が、中国と比べて12%多いところからもそれがみて取れます。たった12%なので見た目はほぼ変わりません。

網目が多い分製造に時間がかかります。単価が安い靴下で考えると12%は小さくない数字です。

なぜ台湾靴下工場がそこまでやるのか?

それは台湾靴下工場の社長が、職人肌だからです。今ふうに言うと「おたく」です。

そこまでやらないと自分の気が済まないのです。

「ゲームおたく」が納得いくまで、何回もゲームをやり直す気質と共通するものがあります。

そのような、「靴下おたく」が製造した靴下だからこそ、自分自身も履きたいと思えるのです。

「自分自身も履きたいと思えて、プレゼントとしても渡したいと思える靴下を販売する」ことは、弊社のポリシーでもあります。

台湾工場で製造した靴下の品質とブランドのラインナップを下記にわかりやすくまとめております。

ブリングハピネスの製品のご紹介

Copyright© Bringhappiness , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.