くまのパディントン

プレミアムなギフトとしてパディントンベア(くまのパディントン)のキャラクタースニーカー靴下をおすすめしたい理由とは?

こんな方におすすめ

  • お母さんやおばあちゃんのプレゼントに靴下を検討している。
  • お友達にプレゼントするギフトを探している。

靴下はお値段も手頃なので、貰う側にとっても負担になりにくいギフトとして最適なプレゼントです。

ひとくちに靴下と言っても、種類が多すぎて迷われてしまう方もいらっしゃるのかもしれません。

本日はそんな方々に向けて、私たちが製作したパディントンベアの靴下について紹介して参ります。

「パディントンベア(くまのパディントン)」とは?

「パディントンベア(邦題 くまのパディントン)」は英国の作家マイケル・ポンドさんが、ロンドンの百貨店で売れ残ったクマのぬいぐるみから着想を得たことから生まれました。

1958年に出版されて以来、40ヵ国語以上に翻訳され、今でも世界中の人々に愛されています。

パディントンはイギリスのロンドンに住んでいますが、もとは“暗黒の地”ペルー出身です。
生後数週間後に起きた地震で孤児となってから、ルーシーおばさんと一緒に暮らしていました。

ペルーのリマにある老グマホームに入居することになったルーシーおばさんは、
パディントンをイギリスに移住させることに決めました。彼女はパディントンが不自由なく過ごせるように英語を教え、その後イギリス行きの船の救命ボートに忍び込ませました。
長旅を終え、パディントンはついにロンドンのパディントン駅にたどり着きました。
ここからすべての物語が始まります。

パディントンベアオフィシャルウェブサイト http://www.paddington-bear.jp/  より引用

パディントンベア原作の挿絵を、担当したのは、英国のイラストレーターのペギーフォートナムさんです。

日本語版は、福音館書店さんより全10巻が刊行されています。

眺めているだけでほっこりする表紙のイラストを本屋さんで見かけた方も多いのではないでしょうか。

ペギーフォートナムさんは、「くまのパディントン」シリーズの他、「思い出のマーニー」のイラストも描いています。

日本語版は、岩波少年文庫さんより上下巻が刊行されています。

ペギー・フォートナム Peggy Fortnum

児童書「パディントン」シリーズの挿絵画家。1919年、イギリス、ハロー・オン・ザ・ヒル生まれ。ケント州の美術工業学校を卒業後、子供たちに工業デザインを教える。第二次世界大戦中は補助地方義勇軍でモールス信号のオペレーターとして勤務するが、事故に遭い除隊。その後、ロンドンの美術工芸学校での在学中に出版社のアートディレクターに才能を認められ、児童書の挿絵を描き始める。

プレミアムなギフトとしておすすめしたい「パディントンベア(くまのパディントン)」のスニーカー靴下とは?

私たちが製作した、パディントンベア靴下の特長は、ペギーフォートナムさんのイラストの世界観を忠実に再現したデザインの美しさとプレミアムなはき心地にあります。

プレミアムなお得感をご提供するために、通常お店で販売されているキャラクター靴下と「仕様」「産地」などをしっかりと検討の上、製造を進めました。

ペギーフォートナムさんの「パディントンベアクラシック」の世界観を靴下で再現する

「パディントンベアクラシック」は英国のイラストレーターのペギーフォートナムさんが描いた歴史があるデザインです。

商品化をするときには、デザインを忠実に再現し、イギリスの版権元から承認を得てはじめて販売することができます。

靴下を見て頂くと、普段売り場で見かけるキャラクター靴下と比べて、柄が細かいということに気づかれるかと思います。

同じサイズのキャラクター靴下より54%も網目が多い「ハイゲージ」という仕様で製造しました。

目が細かいほど、デザインの再現性がUPすると同時に伸縮性が高くなります。伸縮性とは、文字通り「伸びても縮んで戻る性能」のことになります。

足のサイズに合わせて、靴下が「伸び縮み」するため、足にぴったりとフィットします。

素材へのこだわり

柔らかなインド綿

靴下のベースの白い部分と口ゴムと踵とつま先の黒い部分には、インド綿を使用しております。

等級が高いインド綿を使っているので、柔らかで、光沢があります。

伸縮性がある台湾製のナイロンと日本製のポリウレタン

文字とキャラクターアートの部分は、台湾製のナイロン、靴下の伸縮性を作っている下糸の細いポリウレタンのゴムは日本製を使用しております。

洗濯してもよれにくい口ゴム

口ゴムには、普通の靴下に使用されているゴムよりもランクが高い「ライクラ」を使用しています。

何回洗濯しても、口ゴムがよれることがありません。

ゴム跡がついたり、痒くなりにくいので、長時間の着用にも適しております。

プレミアムなはき心地

網目が細かい仕様を可能にする生産設備と厳選された素材に、靴下工場の技術力が加わり、プレミアムなはき心地を実現しました。

はき心地を文字で表現するとまさに「ふわっ」となります。

ミシュランに掲載されているレストランのシェフは、最高の食材を選んで、最高の技術で、見た目も美しい料理を、お客様に提供します。

私たちの靴下工場にも共通するものがあります。靴下の品質を下記の通りまとめました。

  • ゴムへのこだわり。洗濯してもよれない。長く履いてもかゆくならない。
    足を入れる口ゴムの部分にこだわりがあります。
    洗濯をしてもよれにくく、長い時間履いていてもかゆくならない「ライクラ」と呼ばれるゴムを使用しております。
  • コットンへのこだわり。柔らかくてはき心地がよいインド綿を使用。
    足を入れた時に柔らかさを感じる等級の高いインド綿を使っています。
    等級の高いコットンが放つ独特の光沢から質の高さを感じて頂けます。
  • 伸縮性へのこだわり。スニーカーソックスでも脱げにくい。
    ブリングハピネスの靴下は伸縮性に優れているので、足にぴったりとフィットするので脱げにくいです。
    もう、スニーカーソックスが靴の中で脱げて気持ち悪いと感じることはありません。
  • 仕上げへのこだわり。デザインとはき心地の両立。
    デザインされた靴下の裏側には糸が伝っています。実は糸がループで伝っていると靴下はきつくなります。
    ブリングハピネスの靴下は織り機で糸を切断、織り機では切断できない場合は人の手で断裁をしています。
  • 製造工程へのこだわり。はき心地が最優先。
    実は、靴下のはき心地と工場の生産性の間にはトレードオフが存在します。
    ブリングハピネスは靴下をはく人を最優先にした製造工程にこだわりをもっています。

産地へのこだわり

私たちの靴下は、台湾の靴下工場1箇所のみで製造されております。台湾工場以外で生産された靴下は販売しておりません。

特に海外で製造された靴下は流通経路が複雑の場合があります。

海外の工場で製造された靴下が、海外の輸出商社により輸出され、日本の輸入業者が輸入し、卸売業者が店舗に販売するという例も多くあります。

そうなると、工場がどこから材料を仕入れて、どのような考え方のもとに靴下が製造されたか日本からは見えません。

モノとして靴下を考えるのであれば、「考え方」や「産地」にこだわる必要はないかもしれません。

プチギフトなど、靴下をプレゼントする「コト」として考えるのであれば、材料がどこからきて、どこで、どんな人々が、製造したのか、紹介を添えることで、より気持ちが伝わるのではないでしょうか。

プレミアムなギフトとしておすすめしたいパディントンベアのスニーカー靴下を購入する方法とは?

私たちが製造したパディントンベアの靴下は、弊社ECサイトで購入することができます。

期日指定が可能な、「ヤマト運輸」「西濃運輸」、送料がお得なレターパックライトなど柔軟な対応をしております。

お客様の声など販売の情報をTwitterで発信しております。DMでのお問い合わせも可能ですので、ご質問などございましたらお気軽にご連絡くださいませ。

オンラインショップはコチラ

-くまのパディントン

Copyright© Bringhappiness Note , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.